「家具と部屋の模様替えを、ご両親にプレゼントする」

という友人ご夫妻。

彼らと一緒に、ご両親の家にお邪魔してきました。

昭和30年代に建てられたこの家は、今時の家ではとうてい再現出来ない、深みを増した内装建材で、

品のある年代感を醸し出していました。

ご両親が大切にコレクションされている絵画や調度品も、今は部屋のあちらこちらに飾ってありましたが、

バランスやレイアウトを、ちょっと変えれば、一気にアートサロンのようになるはず!

ダイニングセットも買い替えるご予定でしたが、

こんな素敵ないすがあるので、これは残して頂くことにしました♪

インテリアコーディネーターは、新調しないで「買わないで残す」提案もします。

ソファとTV台をご新調の予定。

今回は、そんなお手伝いをさせて頂きます♪

ご両親様に喜んで頂くのは、もちろん目指すところですが、

なにより、「ご両親に家具や模様替えをプレゼントする!」

というお気持ちを持った友人ご夫妻が、なんとも素敵なんで、

彼らにも喜んで頂けるよう、さらに気を引き締めます!

こんな場面に関わらせて頂ける、このインテリアコーディネーターという職業。

本当にありがたいお仕事です!!

お読み頂き、ありがとうございました☆ ブログランキングに参加させて頂いております。

インテリアコーディネートランキング

あなたのポチッと応援「クリック」が、とっても、励みと力になります!^^