インテリア、コーディネートの特徴

スタイル:アメリカ、ホテル、海外生活

ウォーターベッドをしのぐマットレス

100万円のベッド!
シーリージャパン

シーリーのショールームへ行って来ました。

ベッドのマットレスのメーカーです。

比較的”柔らかめ”が特長のマットレスです。

オリジナルはアメリカ。

コイル式のマットレスですが、白い袋に入ったポケットコイルと違い、コイル同士を連結しています。

このコイルの連結方法と形状にシーリーの寝心地の特長があらわれているそうです。

ショールームには20台位のマットレスが展示してあり、色々試してみました。

やはり全般的には、日本人に割と好まれる”固め”、に比べると”柔らかめ”の方が多かったです。

シーリーのベッドは全米ではシェアNo.1。

世界中の有名ホテルにも採用されており、

最近は、海外のホテルのベッドの感覚を自宅でも求める方や、

海外で暮らした経験のある方などが、シーリーのベッドをご指名で購入されるようです。

私は20年近くウォーターベッドを愛用していましたので、

どちらかというと体が水に浮いているような”柔らかめ”が体にフィットします。

どんなにマットレスが改良されてもウォーターベッドにはかなわないだろう!と思って寝た瞬間。

体がふんわり浮きました!

ショールームの方いわく「ウォーターベッドをしのぐマットレスを目指して作ったのがこれです!」。

納得しました。

他にもコイルの形状や、
マットレスを包むファブリックの縫製の違いや、
ウレタンの量などで、

何種類もの寝心地の違うものがラインナップされております。

是非実際にマットレスに横になって体感してみてください。

そして最後に案内してくださったのが、「100万円のエリア」。

お客として来ているなら、「買わされるかも!」と、ドキドキしながら試すところですが、

私は「仕事!」で来ているのよ、と

別に誰も気にしていないと思いますが、

何となく自分を納得させながら、その100万円のベッドに横になりました。

その瞬間、マットレスが私の体に吸い付きました・・・(ような感じ)!。

体が自然に沈みこむというより、

マットレスの方から体のカーブに沿って吸い付いてきてくれた、ような感覚でした。

もう即効”超”欲しくなりました!

100万円のマットレス、と普通に考えると「あり得ない!」ですが、

あの寝心地。

しかも毎日使うもの。

車や、高い時計や、ブランドのバッグ(・・・どれも私は持っていませんが・・・)。

何に価値観を置くかですね。

良いものは良いです!

シーリーベッドのWEBSITE
(価格帯:シングルサイズで15万から20万前後が最多価格)
http://www.sealy-bed.co.jp/

~おまけ~
なかなかタイミング良く来る時ってないので思わず撮影!

外苑 絵画館前のイチョウ並木

11年ぶりに再開した表参道のイルミネーション

お読み頂き、ありがとうございました☆ ブログランキングに参加させて頂いております。

インテリアコーディネートランキング

あなたのポチッと応援「クリック」が、とっても、励みと力になります!^^