最近 LED電球に興味を持っているお客様が増えています。

一体型の製品として以前から発売されている、ダウンライト・照明器具に加えて、「電球」のみが交換できる電球が最近ぞくぞくと発売されております。

一般電球の口金と同じE26というタイプ、ミニクリプトンなどの小さめの電球相当のE17タイプ、それからライティングレールなどに取り付けるスポットライト用のLEDも出始めました。

光の色も、白い色ではなく、白熱球に近い「オレンジっぽい色」のタイプもありますので、かなり雰囲気のある光は出るようになってきました。

ただ、各メーカーとも慎重で、「口金のタイプが同じだからといって、全ての器具に使えるわけではありません。」

ということで、まだまだ気軽にLED電球に交換するレベルまでは行っていないように思われます。

消費電力、電気代に関しては格段に優れておりますので、気軽に選べるようになれば、かなり「エコ」できますね。

(アンチ蛍光灯派の私としては、いくら白熱灯色とはいっても やっぱり今までの白熱電球やハロゲン球の色とは違うように思えてしまいます。

調光できるものも限られていますしね。

インテリアの雰囲気作りに大きな影響を与える「照明」。

今後、どうなっていくのでしょうね。

時代にも着いていかなければならないけど、機能やエコの部分だけをクローズアップしすぎて人間の「感性」の部分が失われていかなければ良いのですが・・・)

お読み頂き、ありがとうございました☆ ブログランキングに参加させて頂いております。

インテリアコーディネートランキング

あなたのポチッと応援「クリック」が、とっても、励みと力になります!^^