西邨マユミさんの「Mayumi’s Kitchen」という本に出会い、プチマクロビはじめました。

http://www.mayuminishimura.com/index.html
(西邨マユミさんのサイト)

マクロビって、実は「普通の」日本食なんですね。

そんなに気負わなくても私たち日本人って、普通に出来るんだ、って彼女の本を読んで気づきました。

自分の体は自分でつくらなきゃね。

「私たちの体は、私たちが食べたもので出来ている」

んんん、生き方をあらわしますね。

このことって、生活している全てのことに当てはまるような気がします。

選ぶ服、選ぶ食事、選ぶ家、選ぶインテリア・・・選ぶもので、その人なりがわかってしまう。

人が良いからって言うから、とか、テレビや雑誌で良いあるいは悪いって言うから、

そんな基準じゃなくて、「自分の価値観を持って、自分でちゃんと判断して決める」

・・・こんな当たり前のことが、出来てないような気がします。

情報に踊らされているというか、ちゃんと考えないから数字で判断しちゃうとか、

すごく安易な決め方してるような、、、気がします。

そんなことを感じるようになりました。

今日はこれで終わり。