6年前にFacebookに書いたこと、

今でも、同じ考えです。

インテリアコーディネーターという職業。

楽しい仕事でもあり、責任も重大な仕事。

日々、勉強です!色んな意味でね♪

今日は福岡に来て、初の企業さんでの、お仕事初日。

大切な友人にご紹介頂いたので、気を抜かずに進めて参ります!

長いプロジェクトになります。

終わったら、アソコで、皆さんで、盛大に打ち上げをしましょうd=(^o^)=b

2年後、かな! ガンバロー(^_^)v

6年前の投稿↓↓↓
*********************************************
インテリアコーディネーターの仕事。

多くの方を「繋ぐ」お仕事だと感じています。

例えば家具であれば、デザイナー、職人、ショップの方、営業の方。

リフォームであれば、メーカーの方、職人、監督、etc.

そして、これらをご購入されるお客様、そのご家族、ご友人。。。

みんなの真ん中にいるのが、

インテリアコーディネーターかもしれない、

と勝手ながら大それた立ち位置を決めてしましました。

皆様のそれぞれの思いを、双方に伝えることの出来る立場にいる、

インテリアコーディネーター。

なんと素敵なお仕事なのだろう、と、

ふと、今日、何となくそう感じました。

天から降りてきた言葉かな・・・

写真は、インテリアデザイナー 水谷壮市さんの作品「一本の棒」。

震災の、大きな津波で、この「一本の棒」が多くの方の命を救った、、、

そんな背景により作られた作品だそうです。見てるうちに、背筋がピンとしてきました。

25日まで、表参道のTIME&STYLE EXISTENCEで展示。
どうか、あの日のことを皆が忘れないように。
(※この記事は2011年12月16日の内容です。)