「カーテン・タッセル」 ショップ 流行りの色 素材 人気 効果

「クリエーションバウマン」カーテン 流行りの色 素材 人気

インテリア、コーディネートの特徴

スタイル:流行、女性に似合う色と柄、モダン、ヨーロッパ、ホテル、スタイリッシュ

マンション、フルリフォーム、リノベーション

スイスの高級ファブリックブランド、クリエーションバウマン

ファブリック、レース、カーテン、タッセル、バーチカルブラインド

ベビーピンクのファブリック

ここでも、ベビーピンクのファブリック、来てますね!

スイスの高級ファブリックブランド、クリエーションバウマンのショールームです。

http://www.creationbaumann.jp/

レース カーテン

花のモチーフがあるレースです。

最近は、こういう可愛らしいレース、キャリアウーマンのお一人様のお客様に大変人気なんです。


クリエーションバウマン 秋冬らしいフサフサのタッセル

イケメンなご年配のお客様の為の、イけてるカーテンを探していたら、

なんとも秋冬らしいフサフサのタッセルを発見♪♪

@ クリエーションバウマン♪♪

羽のタッセル、約1万円也♪♪


「クリエーションバウマン」のバーチカルブラインド。

127mmの幅広のスラット、

スティフナー加工(薄い糊付け)をしてないバウマンのバーチカルブラインドは、オフィスっぽくならずに住宅にもよく馴染みます。

10393813_796669790386228_2635080520660959636_n

今回は3種類をミックス。

メッシュを所々にいれたので、ほどよい抜け感が出ました。

10929560_796669953719545_7019849110738120618_n

間口の広い窓で、スタイリッシュな空間に仕上げたい場合、オススメです。

「フジエテキスタイル カーテン」ビーズ使い、トリム、切り替え、ギャザー

カーテンのデザインアイディア!

キーワードは「ビーズ使い」「トリム」「切り替え」[ギャザー」です。

トップフリルにして、バランスにビーズを縫い付けています。

切り替え部分にビーズ。

サイドを切り替えて、ビーズトリム。

タッセルにビーズやボンボンを縫いつけてあります。

上部切り替えでハトメカーテンに。レースは3.5倍のギャザーでたっぷりと。

切り替え部分より下からギャザーを入れてあります。
カーテンリングにはリボンを軽く結んでニュアンスを出しています。

シャリ感のあるドレープで優雅な雰囲気。

タテ切り替え。真ん中には大柄の花模様のレースを絵のようにはさんでいます。

レーザーカット加工された透け模様が、美しい光の影をおとしています。

ピーコックと呼んでいます。

レースと無地の二重づかいのクッション、甘くなり過ぎないギャザーフリル。

ちょっとした遊び心を入れるだけで、こんなにも雰囲気が変わるんですね。

ご紹介して下さったデザイナーさんも「こんなの作ってみました♪」と、とても楽しそうにお話して下さいました。

フジエテキスタイル
http://www.fujie-textile.co.jp/

「タッセル」を豪華にすると、カーテンも豪華に見えてしまう、かも

タッセル

もしも、カーテンにご予算をかけられない場合でも、タッセルを豪華にすると、カーテンも豪華に見えてしまう、かも、です!

左から2番目のタッセル、オススメ。

マナトレーディング バーチェ
https://www.manas.co.jp/interiorlibrary/products/detail/10280001

タッセル

フランス・パリ発の HOULES(ウーレス)社のタッセル。

もちろんこれは、カーテンを束ねる為のものですが、こうやって、壁に掛けておくだけでも絵になりますね。

まるでアート。。。

Anonimo Design
http://www.ad-collection.com/houles.html

「カーテン」逆がけ?レースを窓側、ドレープを部屋側

「逆がけ」って何のことだと思いますか?

正式名称ではないかもしれませんが、内装屋さんと私たちの間では、こういう風に指示をしています。

そう、カーテンをかける順番のことですが、普通はレースのカーテンを窓側(外側)にかけて、ドレープを部屋側にかけますよね。

これを逆にするのです。

昼の感じ・・・

夜しめた時・・・

マンションのモデルルームなんかでもたまにやってますね。

レースのカーテンって意外とないがしろにされがちなんですが、今時のレースって素晴らしく美しいものがいっぱいあります。

良くお客様にご提案する時に「花嫁さんのベールみたいでしょ♪」って。

刺繍がほどこしてあったり、横糸と縦糸の織り方で 柄をつくってたり、こんなレースを選ぶとドレープより高くなります。

ドレープをしめて、レースを束ねてる時・・・

「ワザ その2!」
レースの裾のウェイトテープのかがり糸。普通は白ですが あえて「黒」にしてみました!

でも、レースって昼間はずっと見えてるし、もっともっと気を遣ってあげても良いのでは。

そこで、昼も楽しめるし、さらに夜も楽しめるようにするための「ワザ!」が「逆がけ!」

「わりと濃い色の無地っぽいドレープ」&「柄の派手なレース」の組み合わせの時に、てきめんに効果を発揮します!!!

Follow me!


お読み頂き、ありがとうございました☆
ブログランキングに参加させて頂いております。


あなたのポチッと応援「クリック」が、とっても、励みと力になります!^^


こちらです →
インテリアコーディネートランキング